winner 入賞作品

グランプリグランプリ

10代部門

North Express
柳本信鷹メンバー:
根岸孝斗、南條優斗
作品コメント
誰もが利用する鉄道。北海道では、その鉄道の存在が危ぶまれています。そこで「鉄道を未来に残したい!」というメッセージを発信するため、各地で撮影した動画をPV風にアレンジしました。北海道の大自然の中を疾走する鉄道をお楽しみください。

20代部門

How about Hokkaido?
澤田希望
作品コメント
自分は北海道を地球の楽園だと思っています。多くの方に魅力を知ってもらいたい、また旅先の提案も兼ねて”How about Hokkaido?"(北海道はどぉ?)というタイトルにしました。この動画ではあえてメロディーの無いビートだけの楽曲を選択しました。それは視聴者にそのままの映像からメッセージを汲み取って欲しいことと、生音や環境音を聞いて臨場感をより感じて欲しいからです。この動画を通してたくさんの方が北海道に興味を持っていただければ嬉しいです。

準グランプリ

10代部門

エタラカ
綛田航大メンバー:RECircle(NMP)
作品コメント
作品名の「エタラカ」とはアイヌ語で「めちゃくちゃ」という意味で、めちゃくちゃで意味の分からない作品をモットーに制作しました。過去のアイヌの人が現代の北海道に触れて、徐々に現代に染まっていく様を表現しました。

20代部門

Hokkaido Stoked Life
岡内翔吾
作品コメント
北海道の大自然で遊ぶ私の休日を切り取りました。ワクワク、興奮が止まらない気持ちが伝わる様に編集しました。少しでも多くの人に北海道の良さが伝われば嬉しいです。

審査員特別賞

カムイコタン
〜神々のいる場所〜
安井智哉メンバー:鎌田 瑠偉
作品コメント
北海道旭川市にある神居古潭(カムイコタン)。ここは北海道の先住民族であるアイヌ民族と深い関わりがありました。アイヌ民族の生活や時代が移るにつれて変化する神居古潭と旭川市民の関わりを知って欲しいと思い制作しました。
Mother Land /
母なる大地
高倉大輔
作品コメント
自然の尊さや、輝かしい景色は日本の誇りであり、まさに私たちが生まれた源でもあります。それを表現するのに、ふさわしい北海道の壮大さや、景色の美しさを表現しました。
ことわざ北海道
村田渉
作品コメント
「ことわざ」を北海道風にアレンジして、私が思う北海道を面白おかしく表現した作品です。絵のレベルが低いところが、かえって世界観を引き出せると思い、こういったタッチの絵で描きました。北海道のことをかなり誇張した表現で描いたと思っています。